基礎の大切さをお伝えしたい!


日本キッズ体育協会は、赤ちゃんの動きを取り入れた運動プログラムです。発達と進化の過程に着目し、姿勢と体幹を軸に考えた独自のプログラムです。



【最新ニュース】

2021年11月 春日井市教員組合「子どもの可能性を引き出す言葉がけ」

 

春日井市教員組合主催によって、100名の教員研修「子どもの可能性を引き出す言葉がけ」が開催されました。

 

子どものやる気を引き出す3つのポイントのお話させていただきました。

一つ目は心と体の繋がりについて、体を感じることで、体と心は様々な変化を起こすことを体験を通してして体感していただきました。二つ目は脳と言葉の繋がりについて、三つ目は環境と大人の心の在り方が子ども達に反映することについてお話をさせていただきました。

 

当協会では、健康教育の一環として、指導者・保護者・子ども達に基礎の大切さをお伝えをする活動を続けていきます。

 


2021年9月 ドッジボールチーム「ジュニア育成ドッジボール実技講習会」

 

「ジュニア育成ドッジボール実技講習会」にて、体幹トレーニングの講習会が開催されました。

 

スポーツのみならず、成長期のジュニア期の子ども達においても体幹の重要性は認知されていますが、体幹トレーニングをやれば効果を発揮するとは限りません。

この講習会では、生命やヒトの進化の過程に沿った体幹トレーニングの考え方と実技を講習しました。

 

地球上に生かされている私達ヒトにとって、生命やヒトの進化の過程に沿った体幹トレーニングは、呼吸を通してなしている、脳・姿勢・動きを整え、今日のお身体にとってのよりより状態になります。

 

講習会の前後での立位姿勢や動きを観察してみると、姿勢の変化や動きの変化があり、選手・保護者が共に体感しました。

 

当協会では、健康教育の一環として、指導者・保護者・子ども達に基礎の大切さをお伝えをする活動を続けていきます。

 

 


2021年8月 春日井市市民講座「子どもたちの運動教室」

 

春日井市主催によって、市民講座「子どもたちの運動教室」が開催されました。

 

昨今、コロナ禍によって、子ども達の体力の低下や運動不足、コミュニケーション不足によってのケガやメンタルヘルスが心配されています。

この市民講座では、身体の機能チェックから始め、生命やヒトの進化の過程に沿った体幹トレーニングによって、楽しみながら基本機能を引き出すプログラムを提供し、スポーツなどを始めたり、様々な目標を持つようになる小学高学年の子ども達には、目標を立て行動することの大切さと、動き一つ一つの目的を理解してから身体を動かし、姿勢や動きの変化を体感していただきました。

 

保護者からは、姿勢のこと、脳と身体の関係、呼吸の大切さなど、学校やチームでは学べないことが学べて良かったという声をたくさんいただきました。

 

当協会では、健康教育の一環として、指導者・保護者・子ども達に基礎の大切さをお伝えをする活動を続けていきます。

 


2020年3月 小牧市味岡児童館(ぱるもあじおか)「母と子の運動教室」

 

小牧市味岡児童館(ぱるもあじおか)主催によって、未就学児の子どもとお母さんを対象に「母と子の運動教室」が開催されました。

 

実技では、幼稚園・保育園に入る前に体験しておきたい体幹運動と基本運動を様々な道具を使いながら親子で体験しました。

講義では1歳~3歳までの特徴、親子の関わり方、4歳~6歳で経験しておきたいことのお話をさせていただきました。

 

参加した保護者からは、「子どもがイキイキしていた」「最初は距離をとって様子をみていたけど、途中からはすごく積極的にやるようになった」「基本機能の大切さがわかった」「継続的に参加していので、運動教室に入会したいです」「基本機能を高める動きが体操やスポーツの動きに繋がっていることが分かって面白かった」などのご感想を頂きました。

 

当協会では、健康教育の一環として、指導者・保護者・子ども達に基礎の大切さをお伝えをする活動を続けていきます。


2020年3月 尾張旭市教育委員会後援・瀬戸信用金庫地域振興協力基金助成記念事業「子ども体づくりフェスタ」

 

尾張旭市教育委員会後援・瀬戸信用金庫地域振興協力基金助成記念事業によって、「子ども体づくりフェスタ」が開催されました。

 

まずは、参加された方の立ち幅とびの距離を測定して、身体能力のチェックと、立ち姿勢をチェックしました。講義では、姿勢の大切さのお話をさせて頂き、実技では、姿勢を安定させる体幹運動と、道具を使った身体能力を高める基本運動を楽しみながら実施しました。

最後に、立ち幅跳びの距離と姿勢の変化をチェックし、90%以上の方に変化を感じていただきました。

 

当協会では、健康教育の一環として、指導者・保護者・子ども達に基礎の大切さをお伝えする活動を続けていきます。


水野鞄店様のランドセル「ハネッセルプロジェクト」

 

三越・高島屋・イオンなどにランドセルを出展している水野鞄店様のランドセル「ハネッセルランドセル」のハネッセルプロジェクトに参加しました。

 

この度、水野鞄店様のランドセルHPにコラムを掲載していただきました。

 

「運動能力」を高めていくこと|コラム|水野鞄店のランドセル (mizuno-randoseru.com)

 

当協会では、健康教育の一環として、指導者・保護者・子ども達に基礎の大切さをお伝えする活動を続けていきます。


【サポート選手の結果】


ドリスポ運動教室の動画


ドリスポ体幹トレーニング塾の動画


日本キッズ体育協会

〒488-0859 

愛知県尾張旭市桜ヶ丘町二丁目216番池

TEL:0561-56-1448

FAX:0561-51-4381

✉jimukyoku@kids-sports.org